ウイスキー.jpg

飲食店・風営業

握手

Permit support

お客さまがスムーズに開業準備を進められるよう、
キュウマ事務所が許認可のサポートを行います。

​飲食店営業許可

レストランやカフェ、居酒屋など、店舗を設けて飲食品を調理する場合、飲食店営業許可申請が必要となります。
飲食店営業は、カテゴリー分けされており、それぞれの営業形態に合わせて、保健所への申請、管轄警察署への申請を行います。
許可申請・届出に伴って、提出資料の作成、実地検査の立会いなどの対応も必要です。また、営業時間の時間帯や、提供する飲食品などによっては、
風俗営業の許認可手続きを行うこともあります。

よって、風俗営業の許認可が絡んでくると当然に距離制限のシバリを受けます。飲食店営業許可を受けないまま開業をすると、営業停止処分、その他の行政処分や処罰の対象となってしまいます。新たに起業なさるオーナー様、行政書士キュウマ事務所が万全の体制でサポート致します。

飲食店営業の主な許可要件

  • 飲食店営業が制限される地域 工業専用地域など

  • 人的欠格要件 食品衛生法違反などによる2年経過の制限

  • 設備要件 区画、床壁、洗浄設備、保管設備など

風俗営業許可

風営法の許可・届出では下記の書類を取得・作成しなければならず、住所によっては許可が出ない為、事前の調査も必要です。

  • 住民票、証明書 3枚

  • 図面関係 約7枚程

  • その他書類 約4枚

※第何号営業なのかによって必要書類が変わってきます。
※法人の場合、定款と登記の2枚、法人用の必要書類4種類を役員全員分が必要となります。
※特に「接待」「深夜0時以降の営業」では一つの許可、届出では風営法違反になる可能があります。

キュウマ事務所のサポート内容

  • 許可 風俗営業(第1号~第5号営業)、特定遊興飲食店営業

  • 届出 深夜酒類提供飲食店営業、性風俗関連特殊営業、接客業務受託営業

グリッド

Contact

興味のある方は、是非お問い合わせ下さい

お問い合わせはメールまたはLINEで受付ております。メール・LINE操作が不慣れな方は、お電話でお問い合わせ頂いて問題ございません。