Family Dispute_edited.jpg

離婚

You who decided to divorce

離婚を決めたあなたへ

先ず相手に離婚を切り出す前に事前準備が必要です。離婚後の生活を具体的に考えてみてください。お仕事を持ちながら離婚を考えている方ならざっくりとした今後の生活がみえているかも知れません。しかし、専業主夫・主婦として家庭に尽くしてきた方や扶養内でのパートをされている方の場合、離婚後に自分が陥る現実を具体的に思い描いてみる​必要があります。​

離婚の事前準備

​住居の問題

離婚後に住む家はありますか?引っ越しは可能ですか?
実家が受け入れてくれる体制が整っていれば問題は一つクリアーですが、そうでなければ、新たに住むところを見つけなければなりません。​子供の学校等の問題を考えた時に引っ越しは可能ですか?

​一般的に、新たな住居を用意することになると敷金・礼金・家賃に加えて引越し費用もかかります。当面の生活費も含めるとざっと50万~100万円の準備は必要になる事を​考えておかなければなりません。

新居への引っ越し

​生活費

micheile-dot-com-ZVprbBmT8QA-unsplash.jpg

離婚後は自ら稼いで生活しなければなりません。食費・家賃・税金・年金・教育費などなど、​思っている以上に費用が発生します。

財産分与で当面の生活がまかなえるかどうか?
そもそも、預貯金などの貯えが離婚前にしっかりしているのか?
世間の求人状況と自身のキャリアからどんな就職先があるのか?
子供がいれば、仕事をしながら周りのサポートを受けられる環境が​作れるか?

資格やPCのスキルを事前に習得してからの方が得策ではないか?​
​職業訓練などの利用もハローワークへの求職の登録で可能です!!

​子供の事

離婚を決意された方の中には、お子さんがいる方も多いと思います。
離婚後に子供を引き取った場合、誰が子供の面倒を見るのでしょう?

これからは、働きながら子育てをしていくことになります。子供がまだ小さい、熱を出した、ケガをしたなどのアクシデントに対応できるサポート環境を整えなくてはなりません。一人親家庭への行政による支援も隅々まで調べておきましょう。生活保護や児童扶養手当、各自治体独自の手当などもあります。子供は親が思っている以上に感受性が高く、見ていないようでしっかり見ています。離婚が最良の選択であったとしても、子供は精神的なダメージを​受けるということを理解しておかなければなりません。

楽器を弾く姉弟

​離婚の理由

kelly-sikkema-E8H76nY1v6Q-unsplash.jpg

離婚の理由は何ですか? 離婚経験者がよく聞かれる質問ですね。

  • 性格的に全く合わない

  • 浮気

  • 相手の暴力・ハラスメント

  • 借金

  • 相手の親・親族との問題

  • 別姓を余儀なくされたペーパー離婚 などなど

夫婦が離婚する場合、話し合いによる合意がスタンダードですが、話し合いで合意に至らない場合は調停、それでもダメなら裁判になります。裁判による離婚の訴えを提起するには調停をしてからでないと提起できません。
これを
調停前置主義といいます。いくら一方が離婚を決意しても、相手が合意しなければ​すぐに離婚は出来ないということです。

裁判で判決を得るには、必ず理由が必要になります。いかなる裁判であってもこれは同じです。離婚裁判では離婚原因というものが必要になります。

(民法770条1項)
一、配偶者に不貞な行為があったとき。
二、配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三、配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四、配偶者が重度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五、その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

離婚の理由が、相手の不倫ならば、浮気の証拠が必要になります。相手の暴力・ハラスメント等であれば、診断書、録音データなどが証拠になります。この証拠というのは、後の協議や裁判で離婚が成立する為だけでなく、慰謝料やその後の金銭の支払い等に大きく関わってきます。
しかし、離婚を口にしたとたん相手は警戒します。決定的な証拠が取りづらくなる可能性が高くなり、離婚までにかなりの時間と労力が必要になります。

​離婚を決意しても、先ずは水面下で証拠を集めて、十分な準備が必要です。

 
 
 
 
グリッド

Contact

興味のある方は、是非お問い合わせ下さい

お問い合わせはメールまたはLINEで受付ております。メール・LINE操作が不慣れな方は、お電話でお問い合わせ頂いて問題ございません。